So-net無料ブログ作成
検索選択

羽生 プルシェンコ コーチ [スポーツ]

スポンサーリンク




羽生 プルシェンコ コーチ

yjimage.jpg


それにしても、プルシェンコ引退・・そして、コメントがとにかく泣ける・・。


ロシアのために団体でメダルを取る為に出場、今のロシアの実力を考えたら、プルシェンコがでなくても十分勝てただろう。


しかし、この10数年、ロシアの「皇帝」として引っ張ってきたパワーと責任感がそうさせたのだろう

もう、体がボロボロだったそうですね。
膝の半月盤がもうないとか、人工椎間板を入れたとか・・。


スゴ過ぎ!オリンピックで金メダルもとったんだからもういつやめても良かったんじゃないかな。



でも、やめ時ってあるかもしれないですね。
私は、ふと、大相撲の千代の富士が引退したことを思い出しました。

たしかあれは、貴乃花に敗れた翌日でした。



「体力の限界!」と言って涙・・でした。



いい踏ん切りがついたんでしょうね。



プルシェンコも後から若手が次々と出てきて、もう、



「俺の時代は終わったな・・」




と思っていたのではないでしょうか?
そして、羽入が金メダルをとり、順位が確定すると



「メダルを獲得した羽生結弦、パトリック・チャン、デニス・テンおめでとう!」



と後輩を讃えています。もう、ロシア人とか超えてますね、完全にスケート界の「兄貴」といった感じです。



いや、兄貴を超えてやっぱり「皇帝」ですね。



そして、引退後は



「喜んで羽生のコーチになる」と言ってます。



ホント羽生にとって憧れの存在で、尊敬していたプルシェンコなんで、プルシェンコにとってもライバルというより可愛い存在なんでしょうね。



プルシェンコも羽生のことを



「天才だ」とツイートしています。



羽生も、プルシェンコについて



「彼は僕のヒーローだった」。



といえば、引退したプルシェンコは



「今は僕にとって羽生がヒーローだ」



うう、泣ける・・。・゜・(ノД`)・゜・



プルシェンコ、マジでカッコイイです・・。

プルシェンコ.jpg
昔は顔もかっこよかったけど、今の方が、貫禄と哀愁があっていいと思う・・。



いろいろ背負っているものが大きいからなんでしょうね。

もう一つ泣けるのが、羽生のショートの曲


「パリの散歩道」


これも泣きのギターで巨匠 ゲーリー・ムーアです。

あのイエローサンバーストのレスポールのギターがいい音出してる。


実は歌詞もあったんですね。



「49年のパリを思い出す シャンゼリゼ大通り サンミシェル通り ボージョレーの味 おまえと ずっといしょだった あのパリの日々 古い写真を見ると思い出す コンコルド広場で過ごした夏の日々 いくらでも 書き続けることができる パリの日々の思い出 」・・・

これも同じような経験をしたことある大人なら、
やっぱ、泣けるんじゃないでしょうか?

今回の金メダルはとにかく泣ける。

羽生も震災を受けた一人ですし、震災当時スケート靴を履いたまま避難したそうですよね。


そして、ホームリンクが壊れたので、全国を転々としてアイスショーで経験と練習を積み、1年後、世界の大会で入賞!


これには、東北の人々も大いに喜んでいることでしょう。


ホント泣けるねぇ


プルシェンコ!羽生!そしてありがとう!



感動とパワーをもらったよ!

【送料無料】蒼い炎 [ 羽生結弦 ]

【送料無料】蒼い炎 [ 羽生結弦 ]
価格:1,470円(税込、送料込)




スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。